<うずめサロン>ヒーリングのご感想

April 20, 2015 の記事より
==========

今回、ヒーリングセッションにお越しくださったクライアント様は、

子宮筋腫をお持ちの方でした。

事前のカウンセリングでは、

集中力や向上心があり、興味を持ったスポーツやダンスが

人より上手くなりたくて、一定期間のめり込んでは、

体を壊したり、ツラくなったりして辞めてしまう。

好奇心が強く、物事を始める決断力や行動力に長けているものの、

新しく始めたいことがあると、今やっている仕事をスパッと辞め、

2~3年をサイクルに転職を繰り返す

という一面があるので、これからは頑張りすぎないようにしたい、

心地よさに委ねられるようになりたい、ということでした。

ヒーリングは、うつ伏せ、仰向けの体勢でそれぞれ30分ずつ

体の気になる箇所に掌を当てていきます。

気になった(気詰まりのあった)部位は、足首と仙骨。

あとは、足元からのエネルギーが頭に抜ける、

頭から入ったエネルギーが足から抜けていくというような循環が、

腰や肩のあたりで滞っているような印象がありました。

フィードバックの時間に、そのことを告げると、

足首は何度もくじいたことがあり、

仙骨は骨折したことがあるとのことでした。

また、わたしが肩のあたりを触れている時に、頭の方が

暖房の風が当てられたかのように温かく感じたそうです。

エネルギーが流れ始めたのかなぁ?

気になる子宮にも長い時間手を当てました。

好奇心が強く、全身で「やってみたい!」「見て見て!」というような

主張の強い、前のめりな(笑)体でしたが、子宮は驚くほど静かでした。

怯えているような、口をつぐんで、気配を消しているような印象。

このことも本人に伝えると、小学校高学年のころ、実は

クラブの先生にセクハラを受けていたことがあるとのこと。

当時は何をされているかわからず、人に話すこともできず、

今も殆ど思い出すことはないそうです。

この話を聞いたとき、現状把握や、判断、対処能力の拙さという点が

子宮に手を当てた状態と似ていると感じたので、

今回のヒーリングをきっかけに思い出されることがあれば

感じ切ってほしい、と伝えました。

以下は、その翌日にいただいた感想です。

=====(ここから)

おはようございます!
一晩明けての感想です。

昨日お話したのと、あまり変わっていませんが、まだまだ自ら行動で頑張ってる動きが和らいでないのと、子宮さんが何も言ってくれなかった事にショックでした。

昨日昔の私に戻るべく、その時の事を思い出そうとしましたが、断片的しか思い出せず、その時の他の事柄もあんまり思い出せず、ホットカーペットの上で寝てしまいました(笑)

一つ思い出せたのは、その吹奏楽部の先生からセクハラは受けていた物の、プラトニックですが5年生の時に好きな人が出来その人と両思いになり付き合うみたいな感じになっていましたが、もちろんセクハラの事は言えないのと、付き合うと事柄がどういう物のか分からず、どぅ彼と接していいか分からず、自分も好きだったのにも関わらず、相手の好意を途中から全て拒否してしまい、終わってしまった事を思い出しました。

(ここまで)=====

セクハラと、好きな男の子との関係は、正直、わかりませんし、

むしろ、ホットカーペットの上で寝てしまったことで、

風邪をひいていないか心配です(笑)

感想をいただいた後も、この方とはしばらくメッセージをやり取りしたのですが、

わたしの考えは、

幼いころに先生にエコ贔屓される代わりに体を触られた、

という出来事に蓋をしていることが、生きづらさや

物事がうまくいかない原因になっていると感じるなら

向き合った方がいいということです。

もしくは、思っていることを上手く人に伝えられない、とか、

男性からの好意を上手く受け取れない、とか

嫌な出来事をなかったことにしてしまおうとするが、

なんとなく覚えている、というような心地よくない共通パターンが

あるとわかったら、今までと違う反応、対処、行動をして

新しい気づきや癒しを得るといいかもしれません。

普段から自分の心に素直に向き合い、新しい夢を実現させている彼女。

スポーツやダンスを通して、体や自然の素晴らしさを知り、

今でも繋がっている仲間がたくさんできたと語ってくれました!

ロマンスハートも再開したらしく、楽しい学びの詰まった日々を過ごされているので、

ぜひ心地よいパートナーシップや豊かさに溢れた人生

創っていって欲しいなぁ、と応援したい気持ちが湧いてきました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です