大人こそ恋愛しよう。

March 13, 2016 の記事より
==========

フィーリングで相手を選んで、性欲で相手を選んで

感情や本能の赴くままに恋愛して学べることはあるし、

その過程で、たった1人のパートナーを見つけられたら

とても幸せなことです。

しかしながら、結局、大切なのは、嘘のないコミュニケーションであり、

何でも打ち明け、赦し合えるような信頼関係であり、

変化、成長、変容、受容し続ける柔軟さであり、

与えて受け取る循環であったりします。

これらは、親子、兄弟、友人との関係構築でも大切なことです。

恋愛は、理性的なコミュニケーションに終始せず、

時には本能的な感情や性欲に支配されるため、

せっかく出逢うことができたにもかかわらず

男女にとってお互いのメリットが一致しない場合に

ひどい争いになったりします。

肉体関係とともに、心のナイーブな部分に触れ合うので

関係が思うようにいかず、深く傷つくような経験があると

再び恋愛するのが怖くなってしまいがちです。

大人になって、何度も失敗したくないという気持ちもあるでしょう。

けれど、自分の軸や心の土台ができていれば、

恋愛もそれほど難しいことではありません。

自分を愛し、弱さや醜さを赦し、変容を受け入れ、

自分にとっての幸せを叶えるための

わがままを聞いてあげることができればいいんです。

逆に、何歳になっても自信の無さや、寂しさを紛らわすために

異性を選んでいるのであれば、残念ながら、

かけがえのない1人に巡り合うことを自ら遠ざけていると言えます。

この世に、自分にピッタリの相手が必ずいる。

こう信じて、内面を豊かに磨き、自分らしさを好きになることができたら、

近い将来、きっとあなたの前に現れてくれることでしょう。

お相手も今頃きっと、パートナーを探していて、

あなたが再び恋愛のステージに出てきてくれることを

心待ちにしていると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です